お問い合わせ
ファミリー会員
facebook
 
野里元哉のガーデニング(以外もある)日記

夏本番

アーーー毎日暑いですね。
しかも今年は節電の夏
ぎりぎりまでエアコンなどつけるのも我慢していますから
真昼の暑さがこたえます。

でも、みなさん、ご自身の健康第一
熱中症などになってはもともこもありません。
無理はぜず、(あ。危ない)と思ったらエアコンをつける
水分・塩分補給などは意識してくださいね

今年は早い梅雨明けから、ずっと猛暑が続きました。
平均気温が30度を上回ると、夏の代表花、ハイビスカスも
残念ながら開花を休んでしまいます。
次に綺麗な花を見せてくれるのはすこし涼しくなった秋のはじめ
しばらくはお水と肥料で育ててあげなければいけない・・

でも そんな季節にも元気な夏の花が!

 

 

6月から勢い良く伸びた株に見事に大輪の花を咲かせてくれています。

 

 

タイタンビカス という アメリカフヨウとモミジバアオイの交配・改良品種
赤塚植物園さんのアイテムです
昨年から少しだけ店頭に並べていたのですが スタッフOクロ君が見本鉢を作成
1年育ててくれたらこんなに見事な株になりました!
真夏も毎日元気に咲いてくれるのは嬉しいですね

一見の価値アリですよ

 

 

ここまで暑くなってくると、店頭の植物のお世話が大変。
水やりだけでも一仕事です
朝2時間 夕方2時間 たっぷり水やりにかかります。
お水をもらったら 植物は育つもの。 
伸びきってしまっては商品にならないので、今度はちょきちょき散髪(ピンチ)
これをやっておかないと、伸びきった株は自ら日陰を作ってしまうので
だんだん調子が悪くなってしまします。

ちょきちょき

 

 

大仕事跡・・・ 1ケース散髪するとこれくらいのゴミがすぐにできてしまいます。

掃除の忙しい時期になると こういうゴミの山がそこかしこに点在することになります。
切りまくって ゴミの山を気付くスタッフと そのゴミの山を掃除してまわるスタッフ
まさに(いたちごっこ)が繰り広げられることになります。
でも、この積み重ねでお店の商品は綺麗にキープされてるんですね
暑い中大変ですがみんな頑張っております。

昨日・今日とすこしすごしやすくなりました。
皆さんも 暑さに体が慣れてきたら 陽春園スタッフによる鮮やかな散髪を
ご覧に来てはいかが?

お待たせしました NHKやさしい花 続報

 

すみません 少々お時間をいただきましたが
7月2日におこなわれた NHKドラマ やさしい花 のレポート

情報解禁します。

先日お伝えした通り、ドラマの撮影には沢山の人がかかわっています。
ひとつのシーンをとるにもいろんな役割を持つスタッフさんが存在して
あざやかなチームワークで仕事をする姿は 感動ものでした
写真は撮影できなかったのですが 照明スタッフさんたちが俳優さんの動きにあわせて
数人が同時にライトや反射板を動かす様は、まさに職人技でした

上の画像はすこし高いところから撮影した現場の風景 これに写っているのは
全部ドラマスタッフ、お客さんに見える人々も俳優さんなんです
そして、真ん中で日傘をさしている方 だれだかわかりますか?

 

 

すこし寄って見ましょう わかるかな?
そう このドラマの主演女優 石野真子さんです
お花屋さんで働いている という設定でお芝居をされていたので この出で立ちですが
エプロン似合い過ぎです(笑) 陽春園でお仕事してもらえないかな?

 

 

撮影まえのお姿、このシーンひとつ作るにも スタッフの皆さんのこだわりが
おそらく、陽春園が写るシーンはほんの数秒ですが その数秒で(お花屋さんで働いている)ことを
視聴者に理解してもらわなければいけません
真子さんを囲む花たちの配置は、しっかり考えていただき 時間をかけて配置しました。
おかげで美しいでしょう?
真子さんの見つめる先の寄せ植えで咲く白い花は、真夏に咲く(カラミンサ)非常に気に入っていただいたようでした

 

 

スタッフさんたちは、次の撮影の為に慌ただしく移動されたのですが
真子さんは少しお時間があったようで、しばらくお店を見て回られました。
お相手させていただいたのですが お花や植物に詳しくて驚き
(お仕事でだけどフランスのバラの生産者までいったこともあるのよ)とのこと
どうりでお花屋さん姿が似合う訳ですね

東京のお宅に飾りたいから、といくつか植木をお買い上げいただきました。ありがとうございました。

放送はしばらく先 9月ですが 私も楽しみです
昨年、大阪で起きた幼児虐待事件を題材にした 非常にシリアスなドラマですが
スタッフのみなさんも真剣に作られています ぜひご覧ください

NHKドラマ やさしい花

昨日・今日 と 陽春園はちょっとした事件でした。
(すみません・・今回園芸あんまり関係ありません、そして画像が多いです)

御来店いただいたお客様はびっくりされたかもしれませんが
2日間 陽春園の店内で、なんとドラマのロケがあったのです!

そんなこといっても 陽春園はサンテレビの手づくり花づくりのロケよくやってるから
たいして違いないじゃない? とお思いでしょうが・・・


ぜんぜん違いました!

手づくり花づくりの撮影スタッフは、非常に優秀で(^^) 少数精鋭
しかも (営業のじゃまにならないように・・)と非常に気を使ってくださるので
通常営業をしながら撮影していても気が付かないお客様もいらっしゃるほどなのですが
今回はひとあじ違いました。

 

 

・・・・・・・・・・なんか車両がいっぱいきてますけど・・・
バスまできてますけど・・・

 

なんかすごい機材と人の数・・・

 

 

今回 撮影に来られたのは、NHK関西のドラマ撮影スタッフのみなさん
この秋に放送のドラマ(やさしい花)という、児童虐待を取り扱ったドラマの1シーンなのでした

手づくり~ の スタッフさんと、撮影の時に撮影の話をしていて
(こんなアングルならかっこいいですよねー)とか 
(ここはのざとさんの動きをライブ間溢れるカメラワークでとりたいよねー)とか
アイデアはいっぱい出てくるのですが、そういう映像のためにはいろいろと特殊なカメラや機材が必要で
なかなか実行に移せるわけではなく、 いつも最終的には
手づくり花づくりが誇る豪腕カメラマンさんの(知恵と勇気と力技)で 素晴らしい絵をとって頂くのですが

 

 

!! はじめてみました! これが、動き回って撮影しても画像がブレないステディカム(?)
みなさんは (ちょんまげ)と呼んでおられました

 

 

クレーンだ! クレーンだ! こんなの ミュージックステーションとかでしか見たことない!

 

 

極め付きは、駐車場に突然出現したこのテント

 

 

撮影現場から離れたところで、画像や音声の仕上がりをリアルタイムでチェックする
いわば前線基地! みたこともないかっこいい機械がところせましと!。・・・

すみません・・今回ちょっと興奮しております。

とにかく、 沢山のスタッフさんと 沢山の機材によって 
ドラマの撮影ははじまったのでした
そして、みなさんの準備がととのったころ。。 なんとあのお方が!

(つづく)


画像が多くなってしまったので 続きはまた明日。