お問い合わせ
ファミリー会員
facebook
 
野里元哉のガーデニング(以外もある)日記

春の色

春の色  といわれると みなさんなに色をイメージされますか?

私は ド月並みですが(汗)
やっぱりピンクです

すでに40を目前に控えたオッサンがつぶやく言葉ではないですが
やっぱりピンク色 という色は 心を軽く浮き立たせてくれる力をもっている気がします。

赤 や 朱色 は暖色でもかなり温度が高め、(熱い)感じがしますが
ピンクは(熱い)というより(暖かい) 感じ 見ていると自然と気持ちがほぐれます。

 

 

 

本格的なサクラのシーズンはまだ少し先ですが、店内にはこんな気の早いサクラが
オカメザクラ 寒緋桜の改良品種のようですが、もう綺麗に花を見せてくれてます。
そろそろサクラのシーズンだなー

 

 

 

 

寄せ植えでもピンクは大活躍、上はクリサンセマムの(プチマカロン) ちょっとつぼんだ花が魅力の多年草
色はほろ酔い・・くらいでしょうか

下はマーガレットの八重咲きの寄せ植え、マーガレットはパワーに溢れてますね
色もかなり強めなので、ちょっと飲みすぎ くらいかな?

 

 

現時点で 陽春園のピンクナンバー1はこの巨大なリーガスベゴニアのアレンジ(寄せ植え)
陽春園ディスプレイ番長のHマサキ君の力作です。(ピンボケ失礼)
かなり大きな作品で、迫力はコチョウランにも勝るとも劣りません
しばらくの間、お店で姿を見せていると思いますので、一度見に来てくださいね。

つぎに来るのはコイツかな?

 

またまた更新とどこおってしまいました~ すいません(汗)

さて ここ数日厳しい寒さが緩んで 春らしいぽかぽか陽気が続きます
そろそろお庭に立ちたくなる時期ですね

この仕事を長くやってると 一年の間に 入荷してくる商品というものは
だいたい頭に入っています。 
毎年 新しい品種は市場に投入されますが よほど斬新なものでなければ
われわれは驚いたり感動したりできないです
職業柄 とはいえ、ちょっとさみしい気もしますが・・

でも 何年かに一回 そんなプロも(おっ)と目を引く新品種は登場します。
もう出尽くしただろ・・と思っていても、やっぱりみなさん新品種の育成には心血を
注いでいらっしゃるようですね
生産者さんにとっても、新品種を自分の手で生み出すのは永遠のロマンのようです。

 

 

以前にも、エキナセアのグリーンの花を紹介したことがありますが
これ なんだかわかりますか? ラナンキュラスなんですよ

初春の花として 人気の高いラナンキュラス 花つきのものは花壇苗として
多く出回っていますが
今年からとてもきれいな新色がたくさん出てきています。

 

 

まだまだ生産量が少ないようで、苗ではなく鉢花での入荷で お値段も少々お高めですが
久しぶりにわくわくする花が出てきましたよ

 

 

春を運んでくれるような 明るい色彩 初春の寄せ植えにはありがたい色ですね

ラナンキュラス 今年はもちろんですが 来年は目が離せないアイテムになりそうです。

今日のお店はこんな感じ

 

お店はクレマチスフェアの真っ最中
色とりどりの開花株も沢山入荷しております。

クレマチスって、春の花として、つるバラなどと組み合わせて楽しまれる方が多いと思いますが
(陽)をイメージさせる元気なバラの傍らで、すこーしだけ控えめに咲いているイメージがありませんか?
そこがクレマチスの魅力だと 私は思います。

 

 

ピンクやブルーも 繊細な色の濃淡があり 奥深い魅力に溢れてますね

 

 

こんなに沢山の品種が揃うのは一年でもこの時期だけ

みなさん是非お店に遊びに来て、クレマチスの魅力に触れてください。

 

 

あと これは私の春のお薦め!
ホクシャの(ウィンチャイム)
通常のホクシャより、少し早めに開花するタイプです
高温多湿に弱く 梅雨前にお店で姿を見かけても買うのを躊躇してしまいますが
今から寄せ植えなどに使えばかなり長い間楽しむことができますね!


オススメです!

こんなときこそ

この度の震災で 被害にあわれた皆さんには
こころよりお見舞い申し上げます。

一瞬にしてまわりの状況も変わり 不安で不便な日々をおくっていらっしゃることと思います。
どうかみなさんに一日も早く平穏な日々が戻ることを願っています。

陽春園のある関西は 阪神淡路大震災の時 スタッフも被災し(軽度でしたが)
まわりの地元の友人なども長期にわたって避難所住まいを余儀なくされました。
なれない状況、まだまだ厳しい寒さ 本当に大きなストレスだと思います。

しばらくの間は、報道も被害状況、安否情報などを放映するでしょうし
コマーシャルや音楽も自粛方向に行くでしょう
それは しかたのないことかと思います。 でも

長時間 衝撃的な映像や暗いニュースを見ることで心におった古い傷がよみがえったり
考えが後ろ向きになってしまうことも

正確な情報を得ることは絶対に大切です
でも たまには 他のものに目をむけ 心のガスを抜きましょう
CDを聴いたり そして庭の花のお世話をしたり

現時点で直接的な被害にあっていない人たちは
なるべくいつもどおりの生活を、元気におくることがなによりこれからのためになると
私は思います。

園芸を通じて人のためにはなにができるのか?
そんな話を業界の人とすることがあります

ひょっとしたら いまがその時かもしれません

なにも細かな世話をするということではありません
大変なとき 視界の片隅で 花を 植物を感じてください。

元気を出しましょう

 

春まちわびて

今日は関西は冷たい風がびゅうびゅう吹いていますが
すこしずつ連日の冷えは少なくなってきたように感じます。
春までもうちょっとですね

 

 

春 といえば お店にとっておなじみなのがこの光景

御見苦しい写真で失礼

寒さ厳しく、営業の落ち着いた2月ごろは 園芸業界の見本市が開催されます
次のシーズンに向けての新製品を各社発表してくれるんですね
そして シーズン直前のこの時期に その見本市で注文した商品が一気に押し寄せてきます。
スタッフは必死で荷解き→陳列して来るべき(戦・いくさ)に備えるわけです。

みんながんばってねー

 

 

私にとって、もうひとつ春を感じさせてくれるのがこの花  セリンセ
ここ数年 花付きの綺麗な株が出荷されるようになったので 御存知の方も多いかな?
以前は花なしラベル苗を育ててさかせるしかなかったので 知る人ぞ知るお花
ガーデニング上級者向けのイメージがつよかったですが
最近はだいぶ定着してきました。

シックなアッシュカラーの花と 紫の花がデカダンス

鑑賞期間が非常に長いので重宝します それに、これが一株いるだけでまわりの雰囲気がガラっとかわります

 

 

この花 インターネットなどで調べても 一年草と表記されているのですが
陽春園の庭で、ことし2年目の株が育っています
こぼれ種から増えたのかな?

春はいろいろな植物が土のなかから顔を出し 驚くほどのスピードで成長する姿を見せてくれる
自然のエネルギーを肌で感じられる季節ですね

おくればせながら・・・

 

いつもより ちょっとタイミングが遅くなってしまいましたが
今年もクリスマスローズのネット販売 始めさせていただきます。

http://www.yoshunen.co.jp/order/xrose11/top.html

昨年の残暑の影響で、フェア中に出荷が少なかったため
残念ながらネットに商品をご紹介できませんでしたが

本日よりしばらくの間販売させていただきます。

特別ページをアップしました 是非ご覧ください。