お問い合わせ
ファミリー会員
facebook
 
野里元哉のガーデニング(以外もある)日記

春まちわびて

今日は関西は冷たい風がびゅうびゅう吹いていますが
すこしずつ連日の冷えは少なくなってきたように感じます。
春までもうちょっとですね

 

 

春 といえば お店にとっておなじみなのがこの光景

御見苦しい写真で失礼

寒さ厳しく、営業の落ち着いた2月ごろは 園芸業界の見本市が開催されます
次のシーズンに向けての新製品を各社発表してくれるんですね
そして シーズン直前のこの時期に その見本市で注文した商品が一気に押し寄せてきます。
スタッフは必死で荷解き→陳列して来るべき(戦・いくさ)に備えるわけです。

みんながんばってねー

 

 

私にとって、もうひとつ春を感じさせてくれるのがこの花  セリンセ
ここ数年 花付きの綺麗な株が出荷されるようになったので 御存知の方も多いかな?
以前は花なしラベル苗を育ててさかせるしかなかったので 知る人ぞ知るお花
ガーデニング上級者向けのイメージがつよかったですが
最近はだいぶ定着してきました。

シックなアッシュカラーの花と 紫の花がデカダンス

鑑賞期間が非常に長いので重宝します それに、これが一株いるだけでまわりの雰囲気がガラっとかわります

 

 

この花 インターネットなどで調べても 一年草と表記されているのですが
陽春園の庭で、ことし2年目の株が育っています
こぼれ種から増えたのかな?

春はいろいろな植物が土のなかから顔を出し 驚くほどのスピードで成長する姿を見せてくれる
自然のエネルギーを肌で感じられる季節ですね

トラックバックURL